夢と秘密のパーフェクト恋愛バイブル
〜愛も夢も引き寄せる!あなたを幸せにする秘密〜


占いランキング

占いの言葉

今回は、占いにおける言葉の使い方についての話をしてみたいと思います。というのも、私の経験上、この段階で躓かれてしまって、結局占いはわけわからんとなってしまう人が結構多いからです。

学問において、言葉は出来る限り一つの意味を持つように厳密に定義されることが重要です。ところが大部分の占いでは、言葉の使い方に関しては、むしろ一つの言葉がたくさんの意味の広がりを持つ、つまり象徴的な言葉の使い方をするのです(象徴的な言葉の使い方については、次のページが参考になります)。 ↓↓↓ http://www2.plala.or.jp/Rosarium/indigo/probationer/four1.htm

例えば、初めてタロットに触れられる方でよく聞くのが、なんで一つのカードでそんなにたくさんの意味があるのか、という疑問です。そうですね、例えば有名なものとして13番「死」を見てみましょう。解説書には、危険・失敗、そして(文字通りの)死の他に、新生あるいは状況の変化などの言葉も載っていることでしょう。そして、解説書を手に、実際にカードを展開してみるのですが、どの意味を採用していいかわからず、結局タロット自体を投げ出してしまう。そんなパターンが意外に多いのです。

以上のような事例は、言葉に捕らわれすぎている事が一因となって引き起こされます。13番のカードは、確かに「死」というタイトルがついていますが、死という言葉に捕らわれすぎると、カードが送ってくれるメッセージを見逃すことになりかねません。

まずは、言葉の持つ「広がり」を意識して、カードと向き合い、そこから浮かんでくるイメージに注意を向けることが、象徴の力を使う一番の近道かもしれません。
タグ:象徴 占い


応援よろしくお願いします!

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヘルメス学と象徴
Excerpt: ヘルメス学を学問として捉えることの難しさは、そこで用いられる独特の言い回しに由来するところが多いでしょう。例えば、エメラルドタブレットというものがありまして、これは錬金...
Weblog: ヘルメス学研究所
Tracked: 2007-10-06 20:47
夢と秘密のパーフェクト恋愛バイブル
〜愛も夢も引き寄せる!あなたを幸せにする秘密〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。