夢と秘密のパーフェクト恋愛バイブル
〜愛も夢も引き寄せる!あなたを幸せにする秘密〜


占いランキング

タロットと魔術 その1

タロットと魔術の関連性についてのお話です。

タロットという言葉はタロット占いとして一般的に知られるようになりました。もちろん現在でも、タロットというと占いの道具であるという認識をもたれる方が大多数だと思います。

ところで、タロットは占いの道具なのかというと、必ずしもそれのみであるとは言い切れません。19世紀末に設立されました「黄金の夜明け団」の教本などを見ていただけますと、タロットは占いのみならず魔術の道具としても用いられるということがお分かりいただけるでしょう。

現在、タロット占い自体は非常にポピュラーなものとなっていて、日本語で読めるタロット占いの入門書も多数出版されています。ところが、魔術の方になるとどうかというと、20年前に比べればかなりの邦語書籍が出版されましたが、まだまだ一般的には知られていない分野といえるでしょう。

魔術というと、たいてい呪いや黒魔術と同視されていて、魔術師といったなら黒いローブに身を包み、いけにえを用いて儀式をしたりする姿を思い浮かべられてしまいます。

ところが、黄金の夜明け団のテキストなどを見れば、魔術=呪いとは言えないことがわかります。有名な魔術の定義を挙げてみましょう。黄金の夜明け団に在籍していたこともある、20世紀最大の魔術師といわれるアレイスター・クロウリーによる定義です。

「魔術とは、主体の意志のままに変化を引き起こす科学(science)であり、技術(art)である」

さらに彼は、魔術の目的について次のように述べています。

「『唯一の至高の儀礼』は『聖守護天使の知識と交渉』の達成である。それは全き人間を垂直線上に上昇させることである」

クロウリー自身の思想で中心的な位置を占めていた言葉に「真の意志」という言葉があるのですが、それを踏まえて上の言葉を見てみたなら、魔術とは真の意志に到達するための科学(つまり知的営み)および技術(実践)といえるかもしれません。

真の意志とは何かというのもまた難しい問題ではありますが、真の意志に到達するとは、心理学者の言葉を借りるなら、マズローの「自己実現」やユングの「個性化」などが意味する事柄に近いイメージなのではないでしょうか(あるいは自分探しの旅のゴールといってもいいかもしれません)。

魔術のおおまかなイメージとしては以上です。

次回は、「占いの道具としてのタロット」と「魔術の道具としてのタロット」の共通点と相違点について述べたいと思います。


応援よろしくお願いします!

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

象徴について

タロットの絵柄はずばり象徴です。

タロット占い初心者が陥りやすいミスとして、絵札の人物をそのまま実際の人物に当てはめてしまうということがあります。

(例)女帝が出た⇒身近にいる女性に当てはめる
   法王が出た⇒身近にいる男性に当てはめる

ところが、タロットカードに人物が描かれているからといって、それが実際の人物を「直接」表すのかというと、必ずしもそうではありません。

タロットカード大アルカナno.3女帝のカードを見ると、女性がどっしりと腰を据えて安定した「状態」を見て取ることが出来ます。あるいはno.0(もしくは無番号)の愚者を見てみると、崖から落ちる一歩手前の危険な「状態」にある若い男性が見て取れますが、必ずしも絶体絶命なのかというとそうでもありません。若者本人は、なにやら涼しげな顔で余裕な表情をしているようですし(これが+に転じるか-に転じるかは今回は措いておきます)、足元にいる犬も気になります。犬が危機的状況から救ってくれるのかもしれません。

などなど、絵柄をざっと見てみるだけで、単純に人物がそのまま実際の人物を指すのかというとそうではないということを、ある程度つかんで頂けるのではないでしょうか。

象徴とは、言葉で表現しにくい事柄を具体的な絵柄等で表現したものです。つまり、タロットを読む際には、絵柄を直接的に捉えるのではなく、タロットの絵柄そのものが表現している隠れた意味を捉えなくてはならないのです。そんなわけで、解説書に書かれているタロットカードの「意味」は、あくまで指標にしかなりえないのです。

以上が、タロットカードを象徴的に読む際の注意点なのですが、まずはタロットカードに描かれている「物」ではなくて、「状態」に注意を払って、各タロットカードにじっくり向き合ってみるのが、象徴的に読む訓練の第一歩かもしれません。
タグ:象徴


応援よろしくお願いします!

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

感受性

タロットカードを展開しそれぞれのカードの意味を把握する際に、一枚ずつのカードそれぞれについて本の解説を見ながら行っていたのでは、リーディングの主導権は本に握られているということになってしまいます。

本に書かれているタロットカードの意味は、それぞれのカードが持つ意味のほんの一握りに過ぎません。ある程度までは、本を見ながらの占いは仕方ありませんが、大切なのはいかにタロットカードに向き合うか…すなわちいかにカードに心を開くかなのです。

タロットのカード一枚一枚にはそれぞれ固有の性質があります。この性質を見極め、メッセージを受け取るためには、まず、読み手がいかにカードに語りかけるかがポイントになってきます。

タロットカードを展開した上で、カードに対して「何を伝えたいのか」と問いかけます。その際には、本で学んだ知識が有効に働くでしょう。ただし、本の知識を元に無理やりタロットの伝えたい内容を捻じ曲げてしまってはいけません。

問いかけが済んだなら、タロットのイメージが持つメッセージにただ耳を傾けてください。

すなわち、タロットのリーディングには、問いかけという能動的な要素とメッセージを素直に受け取るという受動的な要素が必要なのです。

以上は、絵画を鑑賞する時と似ていますね!美術作品も、ただ漠然と眺めているだけでは、綺麗だな位で終わってしまうかもしれません。感動するには、こちら側の積極的な見ようとする意志が必要です。そして、こちらからの働きかけに対して作品が答えてくれる…

そうすることによって、感受性が磨かれていきますが、この感受性こそ、タロットのリーディングに必要な資質の一つといえましょう。
タグ:タロット


応援よろしくお願いします!

人気blogランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
夢と秘密のパーフェクト恋愛バイブル
〜愛も夢も引き寄せる!あなたを幸せにする秘密〜

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。